SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

桑名市議会議員 倉本たかひろの「活動日記」

倉本たかひろの日々の活動をご報告いたします。
教育委員会のあり方
0

    大津市で中学2年生の生徒が自殺をした問題で警察による捜査がおこなわれている。

    この間出てくる大津市長と教育長始め教育委員会の認識のずれというものが明らかになってきている。

    教育委員会は市の外にある組織ではなく、市の内部にある。
    しかし、政治的な中立性を確保するため教育委員長をトップとする教育委員会が組織をされている。

    ただ、実質的には教育委員、教育委員長は非常勤であり、教育委員会事務局のトップである教育長が大筋決定をしている。

    大きな考え方はいいにしても、市長、教育委員長、教育長と「長」のつくポストが3つあるというところは問題なのではないか。

    しかも、政治的な中立性は確保しなければならないことはわかるが、しかし不責任の所在の不明確さは残る。

    さらに言えば、桑名市のでもその傾向があるがある意味では教育行政は聖域になっている。
    明らかに桑名市のほかの部署と教育は温度差がある。

    その背後にはやはり「先生」たちへの配慮と無言のプレッシャーで意思決定が遅れる等々があるように感じる。

    少なくとも個々の先生はいいとしても全体としての組織のあり方については考える必要がある。

    | その他 | 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    東日本大震災から一年
    0

      今週の日曜日で東日本大震災からちょうど一年。
      この一年間でこの国のあり方が大きく変わったところもあれば、震災復興が遅遅として進めない現状がある。

      なんといっても大きく変わったのはエネルギーに関する日本人の考え方が大きく変わったのではないか。
      以前は原子力への依存をどことなく国民全体がある程度容認をしており、努力を必要とする自然エネルギーの普及には今ひとつ関心を示してこなかったというのが現実であろう。
      ところが3.11以降その考えは大きく変わり、自然エネルギーの普及が国民的関心事になってきた。

      現在私もエネルギーの自給自足を目指し、太陽光発電を市民ファンドの手法を入れながら広く市内に浸透をさせる提言をしている。
      原発依存は過疎地に原発を誘致し、都心部がその財力でエネルギーを買ってくるという構図になっていた。
      この構図そのものを崩すことが「脱原発」への大きな原動力となる。

      一方、遅遅として進まない復興だが、これは国主導ではもはや進まない。
      それぞれの地域で独自の復興策を練る必要がある。
      私も桑名市議会の中では一番早い時期に現地に入ったが、悲惨な状況であると同時に一つの自治体の中でも被害状況がまったく違う。
      それぞれの地区にあった復興策が必要なのだろうが国が主導している限りそれは難しい。
      ここでも必要になってくることは分権。


      すべてが流されたあとに唯一残っている構造物
      (宮城県名取市)

      | その他 | 11:33 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      リコール不成立
      0

        多くの方にご協力をいただきましたがリコールのほうは1/3には届きませんでした。

        ご協力をいただきました皆様申し訳ありませんでした。

        | その他 | 14:21 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
        リコール署名を集めていただいている皆様へ
        0

          リコール署名の締切が20日と迫ってまいりました。
          まだ署名がお済でない方はリコール連絡事務所で毎日受け付けていますのでご署名のほうよろしくお願いします。

          ●桑名市桜通43(←毎日、署名受付しています)
          ●☎(0594)25-1184


          署名を集めている皆様20日まで署名を集めていただいて、リコール連絡事務所までお持ちいただくか、私までご連絡をいただければ幸いです。

          桑名市議会議員 倉本たかひろ
          09060805869

          よろしくお願いします。

          | その他 | 15:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          署名をできる場所は?
          0

            市長リコールの署名をできる場所は

            常時できる場所

            倉本たかひろ事務所

            桑名市大山田4−18−16
            31-1098(不在のときもありますのでご一報を)


            桑名市長リコールの会連絡事務所

            桑名市桜通43(←毎日、署名受付しています)
            ☎(0594)25-1184




            街頭署名のできる場所

            ●1月14日(土)

            10:00〜15:00 桑名駅東ロータリー前


            ●1月15日(日)

            10:00〜15:00 大山田地区市民センター前




            ご協力をよろしくお願いします。

            *上記の情報はドンドンひろめて下さい。ブログやツイッター、フェイスブックへの貼り付けもお願いします。

            | その他 | 11:28 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
            桑名市長らが倫理研修受講
            0

              ■職員逮捕・起訴受け

              桑名市発注の工事をめぐり職員2人が競売入札妨害容疑で逮捕、起訴されたことを受け、水谷元(げん)市長や副市長、課長以上の幹部職員約140人が24日、公務員倫理研修を受けた。

              研修では古沢仁之弁護士が職員に求められるコンプライアンス(法令順守)を説明。「おかしいことはおかしいと上司に言える土壌をつくらないといけない」と述べた。

              水谷市長は、市議会で「まず市長が研修を受けるべきだ」と批判が相次いだため、参加を表明。研修終了後、水谷市長は「私が参加した意義を、職員たちは感じてほしい」と話した。

              ■入札妨害の2社を県が指名停止処分

              県は24日、市職員から聞き出した最低制限価格で不正に落札したとして、社長が競売入札妨害罪で起訴された「藤井建設」と「水谷組」を指名停止処分にすると発表した。期間は25日から1年間。


              (朝日新聞)


              市長のコメントはまったく研修を市長が受けるべきだという議会の意図を感じ取っていない。
              市長が一番反省すべきではあって、職員が一番に反省するべき立場でない。

              誰がいったい最低制限価格を聞き出して業者に伝えたのでしょうか?
              市長の私設秘書的な人ですよ。
              もっとも責任が重く、倫理観の欠如・反省をしなければならないのは誰か明らかだと思っているのか。
              まったく的外れなコメント。



              | その他 | 11:41 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
              桑名市入札妨害で運転手供述「背後に市長」
              0

                三重県桑名市で発覚した競売入札妨害事件で、職員から最低制限価格を聞き出したとされる男が「背後に市長がいることを知っていたからこそ、断ることなく教えてくれるだろうと考えた」と供述していることが新たに分かった。

                この事件は、桑名市が去年5月に発注した2つの小学校の工事をめぐり、入札前に最低制限価格を業者に教えて落札させたとされるもので、名古屋地検は17日、自動車運転手・尾崎勝彦被告(73)ら4人を競売入札妨害の罪で起訴した。

                尾崎被告は、水谷元(げん)市長の私的な運転手だったが、これまでの調べに対し、「私の背後に市長がいることを知っていたからこそ、職員が断ることなく教えてくれるだろうと考えた」などと供述しているという。

                また、情報を漏らしたとして逮捕された職員については、名古屋簡易裁判所に略式起訴したという。

                中京テレビ


                http://www.ctv.co.jp/news/local/local.asx?id=69925

                | その他 | 23:26 | comments(10) | trackbacks(0) | - | - |
                懲戒処分
                0

                  1031日告げて桑名市職員の処分をおこなった。

                  大和小学校体育館耐震補強工事等の工事で最低制限価格を漏洩した。

                  1.都市整備部建築住宅課課長補佐(当時) 笹井保男(56歳)  停職6ヶ月

                  2.都市整備部長(現 市長公室長)管理・監督者として戒告処分

                  | その他 | 10:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  公共インフラ
                  0

                    伊勢大橋の架け替えなどを桑名市は国土交通省に要望をしている。
                    必ずしも悪いことであるとは思わないが優先順位ということを考えるともろ手をあげて賛成できるものではない。

                    桑名市議会でも過去何度か伊勢大橋の架け替えを求める意見書を提出しているが、その際私も署名を求められた。
                    桑名市議としては署名をしたほうがいいのだろうが、それだけでいいのかと思いがあり、書名は今までしていない。

                    地元のことだけを考えれば、署名をすべきであろう。
                    しかし、今回の台風12号で被害を受けた三重県南部はインフラがまだまだ相当未整備。
                    伊勢大橋は渋滞はするが、まだ使える。
                    そういったことを考えると優先順位は低くなるのではないかと考える。

                    現行のシステムの中では陳情活動はある程度必要だと思う。
                    しかし、陳情の仕方をもっと考えたほうがいいのではとも思う。

                    例えば、三重県内で優先順位を市長会等でつけてて三重県市長会としてまとまって陳情していく。
                    各市町の陳情はやめておくなど工夫をしなければインフラ整備が遅れている地区はますます遅れ、災害の際に甚大な被害をこうむるのではないか。

                    | その他 | 14:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    東海若手市議会議員の会
                    0

                      8/4は静岡で東海若手市議会議員の会研修会。

                      東海若手市議会議員の会は35歳以下で初当選をした議員の超党派の集まりです。

                      この日は研修に先駆けて行われた役員会および総会において前年度に引き続き事務局次長をさせていただくことになりました。


                      研修会では「3月11日の衝撃」というテーマで東海大学海洋研究所地震予知研究センターの長尾年恭氏の講演。

                      講演の中で特に印象深かったことは地震はある程度予知ができるよいうこと。

                      地震による津波被害は過去の堆積物を見るとわかる。
                      そういったところには警戒をすべき。

                      地震の予知を出すことによる問題はパニックを引き起こすことではなく、経済問題である。
                      市場で経済的な価値が失われることが問題。

                      地震の予知のための予算は年間1200万円ほどしか使っていない。
                      そのほかは余地ではなく、予知のための基礎研究であり、結果を出さなくてもよい。

                      など

                      衝撃的な話が結構あった。

                      原発事故でもそうだが、現在の科学技術で防ぐことのできることはかなり広がっている。

                      しかし、そこにいろいろな力が働き十分に情報提供がされていないことが問題。

                      隠蔽されている情報を表に出すことも政治の大きな仕事の一つではないか。

                      | その他 | 16:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |