SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

桑名市議会議員 倉本たかひろの「活動日記」

倉本たかひろの日々の活動をご報告いたします。
ブログの一本化
0
    ブログの一本化をします。

    今後はアメブロをご覧いただければと思います。
    http://ameblo.jp/kuramoto-takahiro/
    | 政治活動 | 01:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    推薦がしがらみ?
    0
      12月2日の市長選挙に向けて今政治活動を活発におこなっていますがその中で企業・団体からの推薦をもらうかとい問い合わせをメディアからももらいます。

      私のほうからお願いをして推薦をもらうということはしていません。
      なぜならそれこそがまさにしがらみになるからです。
      推薦を出すときにこれとこれはという条件がつくケースが少なからずあります。
      そうなると応援をしてもらっている以上聞かなければならない。
      これがまさに市長が引き起こした「3年で4度の不祥事」です。

      私もいろいろな企業団体の方とはお会いをします。
      まったくお会いをしないわけではありません。
      しかし、それは意見交換であってなにかお願いをしたり、お願いを受けたりということではありません。
      業界の様子など聞かせていただいてもそれは政策決定の材料にはさせていただきますが拘束されるものではありません。

      ですので個々の企業団体にもご支援をいただいていますが、それはあくまでも勝手連的なご支援で組織的に推薦状をもらうというものではありません。

      そんなことをしていては今の市長といったいなにが変わるのか。
      | 政治活動 | 09:37 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
      政治は瞬間芸?
      0
        以前ある方から「政治は瞬間芸」だと言われました。
        その場その場で国民受けする政策を打ち出すことを指して仰っているようでした。

        そのときも「そうだなー」と思って聞いていましたが、今、自分の市長選を前にして改めて「政治は瞬間芸」という言葉を思い出してしまいます。
        選挙に勝つということからするとそのときそのときで受けのいい政策を並びたてるのがいいのかとも思いますが、自らの信念を貫くことが政治家には一番重要なのではないでしょうか。

        私の場合、

        ・自らの市長給与40%削減
        ・桑名戦略局の設置
        ・地域委員会の設置
        ・総合医療センターの充実

        などはずっと言い続けてきたことです。

        また、この前書いた議員定数の考え方、補選への考え方、議員辞職のタイミングのあり方についても同じことを繰り返し主張しています。

        市長に対する対峙の仕方も一貫して批判的な立場をとってきています。
        だから、リコールもしましたし、市長問責決議も可決させました。
        市長辞職勧告決議案にも賛成をしました。

        詭弁のような言い訳を考えようとすれば考えられるのかもしれません。
        信念を曲げて世論迎合的に動けるのかもしれません。
        しかし、それでは自らの主張が明確に伝わりません。
        そして本当に人の心をそれで動かすことができるか疑問です。

        政治は瞬間芸であってはらないと改めて思います。
        政治は「志」の一文字につきます。
        | 政治活動 | 00:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        補欠選挙
        0
          12月2日の市長選挙にあわせて市議の補欠選挙がおこなわれます。

          現在のところ今回の補欠選挙は定数1名の補欠選挙の予定です。

          これはよく私も聞かれるのですが「議員はいつやめるのですか?」と。
          この辞めるタイミングが重要で時期によって補欠選挙がおこなわれるかおこなわれないかが決まります。

          私の場合、立候補の届け出ともに自動失職をするとしていますので私の一議席の補選はおこなわれません。
          事前にやめると補選をおこなうことになります。

          今回の場合はすでに議員辞職をして市長選挙に出馬表明をされている方がいるので補欠選挙がおこなわれます。
          その補選にかかる経費は1300万円です。
          小さい額ではありません。

          私は民主主義には一定のコストがかかると思っていますが、それにしても現在桑名市議会では議員定数の削減議論をしています。
          現在、議会としては4議席減の26議席にするという議論をしている最中です。
          私も市当局側に痛みを求める以上一定の削減はすべきという立場です。

          ですので私は自動失職にして、
          補欠選挙の事務費用 約1300万円
          2年分の議員報酬等 約2000万円
          計         約3300万円
          の削減をすべきという考えから自動失職をすることにしています。

          ただ、残念ながらもうおひとりが辞められたので補欠選挙自体はおこなわれます。
          1300万円は使われてしまいます。

          まあ、議会で削減の議論をしていないときであればまだいいのかもしれませんが、今議会で削減の議論をしているのですから補選をやらなくてもと思ってしまいます。

          | 政治活動 | 22:24 | comments(12) | trackbacks(0) | - | - |
          新生桑名をつくる10の提言についての質問
          0

            新生桑名をつくる10の提言について質問をいただきました。

            http://blog.t-kuramoto.net/?eid=1058391

            >子どもがいる母ですので、次の二つについてご質問です。
            >・中学校卒業まで医療費の無料化
            >・私立小中学校の積極支援と公立小中学校の底上げ

            >無料化には、所得制限が入るのでしょうか。
            >私立小学校は市外からの通学者が多いと聞いていますが、桑名市がその方々まで支援するんで>しょうか。

            まず、中学校卒業までの窓口での医療費の無料化は

            子どもを社会で育てていきましょうという考え方に立っていますのでご質問の所得制限をかけるのは制度の趣旨にあわないと考えています。
            所得に寄らず子どもを産み、育てやすい環境をつくっていくための提言ですので所得制限は一切かけません。

            また、医療費の件は私の子育て支援により力をいれていくという一つのメッセージとして受け止めていただけるとありがたいです。


            次に私立小中学校への支援についてですが、現在のところ2つの支援を考えています。

            学校の施設などのハード整備時の助成
            授業料の補助

            の2つです。

            ハード整備については学校への助成になりますので市外の子どももその恩恵を受けることになります。

            授業料については基本は市内の子どもに限ることになると思います。
            そのあたりは周辺市町、学校との調整が必要と考えています。

            と同時に公立学校でも学校の授業を聞くだけで一定の学力が身に付く形に変えていきたいと考えています。


            | 政治活動 | 16:08 | comments(11) | trackbacks(0) | - | - |
            人件費の20%削減
            0
              現在、桑名市の人件費の占める割合は極めて高く予算全体の30%近くを占めています。

              私、倉本たかひろは自らの給与、退職金を40%カットするとともに、

              総人件費の20%の削減

              をおこないます。

              限られた財源を有効に使うとともに、今後成長分野への予算の重点配分をおこなっていきます。

              | 政治活動 | 13:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              市長選挙出馬会見
              0
                今月13日の市政報告会の場で12月2日投票の桑名市長選挙への出馬の意向を表明をいたしました。

                会見での詳細は下記の記事のとおりです。


                 桑名市長選 倉本市議が出馬表明 「不祥事と環境一掃」
                【桑名】桑名市の倉本崇弘(たかひろ)市議(36)は十三日、記者会見し、任期満了に伴い、十二月二日に投、開票される桑名市長選へ向けて出馬表明した。「不祥事と市の環境を一掃し、新しい市政をつくり上げたい」と述べた。

                 同市長選は、旧桑名市長を含め、通算六期目を目指す現職水谷元(げん)氏(56)と、市議を辞職した伊藤徳宇(なるたか)氏(35)が既に立候補を表明。取り沙汰された病院職員が出馬する可能性は低く、現職と新人二人の争いになる公算が大きい。

                 倉本氏は市議二期目。市職員が逮捕された入札情報の漏えい事件を受け、市長の解職請求(リコール)運動を主導した。市長選出馬は平成十五、十六年に続き、三度目。市議は告示日まで続け、自動失職する。東京経済大卒。

                 市長の給与・退職金四割カットや、在任期間を三期十二年までとする「多選禁止条例」制定を提言。「戦略局」「補佐官」の新設や、四日市市や鈴鹿市など北勢五市五町による「ほくせい市」構想も視野に入れる。倉本氏は「自身が先頭に立ち、未来志向の桑名市をつくりたい」と語った。

                 現職多選を批判し、市政刷新を図る点で倉本、伊藤両氏は一致。候補者一本化の動きもあったが、リコール運動をした団体との連携をめぐり、決裂したという。

                伊勢新聞
                http://www.isenp.co.jp/news/20121014/news02.htm


                選挙:桑名市長選 倉本市議が出馬表明 /三重

                任期満了(12月18日)に伴う桑名市長選(12月2日投開票)に13日、市議の倉本崇弘氏(36)が無所属で立候補する意向を表明した。
                .

                 出馬理由について倉本氏は、「桑名市を取り巻く環境を一掃していきたい」とし、「新しい市政を作り上げ、これまでの経験を生かして未来に責任の持てる政治を実現したい」と述べた。倉本氏は議員辞職せず、自動失職となる見込み。
                 同市長選には、現職の水谷元(げん)氏(56)と前市議の伊藤徳宇氏(35)が、既に立候補を表明している。【佐野裕】

                毎日新聞
                http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121014-00000025-mailo-l24


                桑名市長選に倉本氏出馬へ
                 12月2日投開票の桑名市長選に、同市議の倉本崇弘(たかひろ)氏(36)が13日、無所属で立候補すると表明した。市長選には現職の水谷元(げん)氏(56)、前市議の伊藤徳宇(なるたか)氏(35)がすでに出馬を表明しており、倉本氏が3人目となる。

                 記者会見した倉本氏は、2009年以降、市職員の逮捕など不祥事が相次いでいることを挙げ、「現職の責任は避けられない」と語り、旧桑名市時代から市長を務める現職の多選を批判した。そのうえで、政治主導を実現するための桑名戦略局の設置、市長の給与・退職金の40%カットなどを実現すると訴えた。

                 倉本氏は04年の市長選に立候補して落選。06年の市議選で初当選し、現在2期目。

                読売新聞
                http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/mie/news/20121013-OYT8T01104.htm


                | 政治活動 | 13:51 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                市長給与等40%カットと多選禁止条例の制定
                0
                  市長給与をカットすることによって財政状況が好転するわけでもありません。
                  全体の予算額から見れば微々たるもの。
                  しかし、市長の覚悟を示すという意味では大胆なカットをすることとによって市民、市役所職員に市長を覚悟を示すという意味からいくと極めて有効です。

                  そこで、私は

                  市長給与、退職金の40%カットという大幅なカットを実施することによって市長の覚悟を明確に示すべきであると考えます。

                  と同時に市長は「期限付きの独裁者」とも言われ強い権限を有しています。

                  3期12年を越える長期政権は腐敗を生むことは明らかです。

                  そこで、私は

                  最長市長の再選は3期12年とする条例を制定すべきであると考えます。
                  | 政治活動 | 11:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  桑名戦略局と市長補佐官制度
                  0

                    今、桑名に必要とされているのはトップマネジメントの強化です。

                    市長がしっかりとした意思決定をする、そのためにはそのための仕組みが必要です。

                    それが桑名戦略局と市長補佐官の新設。
                    今の形ではどうやっても市長を中心とした意思決定ができない体制になっています。
                    スタッフを含めて機能強化を図っていくことが必要です。


                    市長を中心とした桑名戦略局でしっかりとした戦略を描く。
                    そして、責任は市長がとる体制を整備しなければなりません。

                    そのためには市長の手足となるスタッフが必要。
                    そのスタッフは補佐官であり、市長の手足となり動きます。

                    この2つを設置をすることによって桑名市の戦略が明確になってきます。

                    今、大きく変化をしている社会環境に対応するためにはこのような仕組みが必要不可欠です。

                    | 政治活動 | 16:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    エネルギー政策の転換は必要不可欠
                    0
                      3.11の東日本大震災以降国のエネルギー政策の大転換は必要不可欠なものになってきています

                      従来はその危険性に疑問をもってはいたもののの多くの国民が「まあ、安全だろう」と思っていました

                      しかし、福島原発の事故以来、原発が安全だとは誰も思っていません。
                      だが、再稼動されている。

                      そこには安全と経済という一見相反するものが存在するからにほかなりません。
                      しかし、本当に同時に達成することは不可能なのか?

                      今、必要とされる電力量が確保されれば多くの方は原発を動かしたくないのではないでしょうか。
                      なら、動かさないでいいようにすればいいのではないでしょうか。

                      実際にできるのです。
                      国全体となるとなかなか大きすぎるのでまず個々の地方自治体でエネルギーの自給自足を達成するのです。

                      桑名市市内で必要とされる電力の6割以上は太陽光発電だけで確保できます。
                      農地、公共施設などへの太陽光発電施設の設置によって。

                      あとは火力ほかその他の再生可能エネルギーを組み合わせればいいのです。
                      原発の依存度は6割もないわけですから原発ゼロでいけるのです。
                      政治がやる気になるかならないかにかかっている。

                      私は「脱原発」「エネルギーの自給自足」をそれぞれの自治体が宣言し、取り組めばできると確信をもっています。

                      一人ひとりの市民の要望を形にするこれが政治でなければならないのではないでしょうか。

                      | 政治活動 | 15:28 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |