SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

桑名市議会議員 倉本たかひろの「活動日記」

倉本たかひろの日々の活動をご報告いたします。
<< エネルギー政策の転換は必要不可欠 | main | 市長給与等40%カットと多選禁止条例の制定 >>
桑名戦略局と市長補佐官制度
0

    今、桑名に必要とされているのはトップマネジメントの強化です。

    市長がしっかりとした意思決定をする、そのためにはそのための仕組みが必要です。

    それが桑名戦略局と市長補佐官の新設。
    今の形ではどうやっても市長を中心とした意思決定ができない体制になっています。
    スタッフを含めて機能強化を図っていくことが必要です。


    市長を中心とした桑名戦略局でしっかりとした戦略を描く。
    そして、責任は市長がとる体制を整備しなければなりません。

    そのためには市長の手足となるスタッフが必要。
    そのスタッフは補佐官であり、市長の手足となり動きます。

    この2つを設置をすることによって桑名市の戦略が明確になってきます。

    今、大きく変化をしている社会環境に対応するためにはこのような仕組みが必要不可欠です。

    | 政治活動 | 16:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.t-kuramoto.net/trackback/1058401