SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

桑名市議会議員 倉本たかひろの「活動日記」

倉本たかひろの日々の活動をご報告いたします。
<< 女系宮家 | main | 人件費の20%削減 >>
市長選挙出馬会見
0
    今月13日の市政報告会の場で12月2日投票の桑名市長選挙への出馬の意向を表明をいたしました。

    会見での詳細は下記の記事のとおりです。


     桑名市長選 倉本市議が出馬表明 「不祥事と環境一掃」
    【桑名】桑名市の倉本崇弘(たかひろ)市議(36)は十三日、記者会見し、任期満了に伴い、十二月二日に投、開票される桑名市長選へ向けて出馬表明した。「不祥事と市の環境を一掃し、新しい市政をつくり上げたい」と述べた。

     同市長選は、旧桑名市長を含め、通算六期目を目指す現職水谷元(げん)氏(56)と、市議を辞職した伊藤徳宇(なるたか)氏(35)が既に立候補を表明。取り沙汰された病院職員が出馬する可能性は低く、現職と新人二人の争いになる公算が大きい。

     倉本氏は市議二期目。市職員が逮捕された入札情報の漏えい事件を受け、市長の解職請求(リコール)運動を主導した。市長選出馬は平成十五、十六年に続き、三度目。市議は告示日まで続け、自動失職する。東京経済大卒。

     市長の給与・退職金四割カットや、在任期間を三期十二年までとする「多選禁止条例」制定を提言。「戦略局」「補佐官」の新設や、四日市市や鈴鹿市など北勢五市五町による「ほくせい市」構想も視野に入れる。倉本氏は「自身が先頭に立ち、未来志向の桑名市をつくりたい」と語った。

     現職多選を批判し、市政刷新を図る点で倉本、伊藤両氏は一致。候補者一本化の動きもあったが、リコール運動をした団体との連携をめぐり、決裂したという。

    伊勢新聞
    http://www.isenp.co.jp/news/20121014/news02.htm


    選挙:桑名市長選 倉本市議が出馬表明 /三重

    任期満了(12月18日)に伴う桑名市長選(12月2日投開票)に13日、市議の倉本崇弘氏(36)が無所属で立候補する意向を表明した。
    .

     出馬理由について倉本氏は、「桑名市を取り巻く環境を一掃していきたい」とし、「新しい市政を作り上げ、これまでの経験を生かして未来に責任の持てる政治を実現したい」と述べた。倉本氏は議員辞職せず、自動失職となる見込み。
     同市長選には、現職の水谷元(げん)氏(56)と前市議の伊藤徳宇氏(35)が、既に立候補を表明している。【佐野裕】

    毎日新聞
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121014-00000025-mailo-l24


    桑名市長選に倉本氏出馬へ
     12月2日投開票の桑名市長選に、同市議の倉本崇弘(たかひろ)氏(36)が13日、無所属で立候補すると表明した。市長選には現職の水谷元(げん)氏(56)、前市議の伊藤徳宇(なるたか)氏(35)がすでに出馬を表明しており、倉本氏が3人目となる。

     記者会見した倉本氏は、2009年以降、市職員の逮捕など不祥事が相次いでいることを挙げ、「現職の責任は避けられない」と語り、旧桑名市時代から市長を務める現職の多選を批判した。そのうえで、政治主導を実現するための桑名戦略局の設置、市長の給与・退職金の40%カットなどを実現すると訴えた。

     倉本氏は04年の市長選に立候補して落選。06年の市議選で初当選し、現在2期目。

    読売新聞
    http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/mie/news/20121013-OYT8T01104.htm


    | 政治活動 | 13:51 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    激しい戦いになると思いますが、頑張って下さい!
    | 匿名 | 2012/10/24 11:36 AM |

    コメントありがとうござます。

    返事が遅くなりすいません。

    ありがとうございます。
    頑張ります。
    | 倉本たかひろ | 2012/10/28 4:02 PM |










    http://blog.t-kuramoto.net/trackback/1058404